なぜ色戻りがおこるの?

ホワイトニング後の色戻りの原因は普段の食事の内容にあります。
ホワイトニングでは、薬剤によって歯に着色した物質を白く漂白することと、
薬剤で歯の表面構造を変化させて、白く見せることによることにより歯を白くなります。
前者は、薬剤で歯の着色物質を化学反応によって白くすることです。
後者は、歯の表面の凹凸を増やすことで歯の中の黄ばみを光の反射によって見えにくくして、白く見える歯を作ることです。
食事をすると、歯は酸性になり、その結果、脱灰と再石灰化という現象が起こります。
この脱灰と再石灰化を繰り返すことで、歯の表面構造も次第に元に戻り、ホワイトニングの前と同じ色の見え方に戻ってしまいます。
このように、ホワイトニングによる前述の効果が年月とともに薄れていき、その結果、色戻りが起きてしまうのです。
ホワイトニング歯磨き粉は研磨剤無しを選ぼう!